オーディオファイルの種類・聴き方(MIDI)

nerve > sound lectures > about audio files > MIDI

MIDIとは?

MIDIという言葉は、Musical Instruments Digital Interfaceの略で、電子楽器間の通信方法の規格を示す言葉です。 しかし、最近はそれが転じて、MIDIの規格に対応した楽器で演奏するためのファイル(SMF: Standard MIDI File・いわゆる拡張子が.midのファイルの事)や、MIDIインターフェイスをもつ楽器そのものの事すら指すようになっています。 当サイトでも、MIDIと言う言葉を厳密に正しい使い方ではなく、最近よく使われている使い方で使っています。 当サイトで配布している「MIDIファイル」は、厳密に言うと「SMF level 0」 形式のファイルです。

この形式は音そのものを録音するのではなく、「いつ」「どの鍵盤の音を」「どれくらいの強さで」演奏すると言った、いわば楽譜のような情報のみを記録しているだけです。 つまり、音声そのもののデータは、このファイルに記録することは出来ません。これは、一昔前の通信カラオケの伴奏の音だけの部分とほぼ同じ仕組みです。

他に似たような発想で作られているファイルには、携帯の着信メロディーのデータ(i-melodyの.mldファイル, Sky-melodyの.smdファイルなど)があります。

↑[このページの先頭へ]

特徴

長所としては、何と言っても他の種類のファイルよりも圧倒的にファイルサイズが小さいことが挙げられます。 インターネットの回線の速度が遅い現在では、その欠点を考えても、ファイルサイズが極端に他の音声データよりも小さいと言う事は魅力的です。 特に、ホームページのBGMには、今の所この形式が最も適しています。 なぜ小さいかというと、上にも書きましたが、このデータは楽譜形式で音そのものではないからです。

この形式のデータを演奏するには、なんらかのMIDI情報を受け付ける音源モジュール(シンセサイザー)が必要です。(もちろん、スピーカーなども必要です) この形式の短所は、その音源モジュールに用意されている音色しか使えない、つまり歌を録音するという事が絶対に出来ないという事です。 例えば人間の声や生楽器の音などを録音することは出来ません。

最近のパソコンは、音源モジュール内蔵のカードが入っているものがほとんどですが、その音色は正直に言って聴くに耐えないものが多いのが現状です。それでもGM(General MIDI level 1)規格に対応している音源であれば、一応それらしい楽器の音で聴くことが出来ます。 しかし、同じ楽譜を見て演奏しても楽団や指揮者によって演奏の仕方が違うのと同じように、同じファイルを再生してもそれを演奏する音源によって音色や音量のバランスは違ってきます。

↑[このページの先頭へ]

聴き方

ハードウェアと音源モジュール

まず、自分のコンピュータから音が出るのかどうかを確かめてください。音を出す機能のないパソコンでは、もちろんオーディオファイルを再生することはできません。

MIDI音源モジュール内蔵のサウンドカードが入っているか、ソフトウェアシンセサイザーがインストールされていれば大丈夫です。

ソフトシンセサイザーとは、本来サンプリングオーディオ(WAVE/AU/AIFFなど)しか再生できないタイプのパソコンや、貧弱な音源モジュールしか内蔵していないパソコンでより良い音を聴きたい場合に使うとよいソフトウェアです。 パソコン本体のCPUで、音源の代わりに音色を計算して出力するので、高性能なパソコンほど良い音色が鳴ります。有名なソフトウェアシンセサイザーにはYAMAHAのS-YXGシリーズやRolandのVSCシリーズ等があります。

YAMAHA S-YXGシリーズ体験版ダウンロード
http://www.yamaha.co.jp/xg/download/s-synth/
Roland ヴァーチャルサウンドキャンバス(VSC)体験版ダウンロード
http://www.roland.co.jp/lib/index.html#02

しかし、音色にこだわる方は、楽器店に出かけてハードウェアの良い音源を買うのがよいでしょう。パソコンとの接続の方法などはそれぞれのマニュアルを参照してください。

↑[このページの先頭へ]

再生用ソフトウェア

インターネットエクスプローラ(以下IE)の最新版には、標準でMIDIファイルを再生する機能があります。 (ただし、パソコン本体の仕様により、再生出来ない場合もあります)

ネットスケープナビゲーター(以下NN)も、バージョン6を除く最新版では、ブラウザのみでMIDIファイルを再生することが出来ます。 NNバージョン6では、今の所MIDI再生にはプラグインソフトウェアが必要です。

より高機能な再生をしたい場合には、CrescendoやMIDPLUG等のプラグイン/コントロールをインストールするか、MIDIファイルをダウンロードしてからMIDI再生専用ソフトで再生するのがよいでしょう。

主なMIDI再生用プラグインは次のURLで手に入ります。

MIDPLUG for XG (IE3.0以降、NN2〜4.75対応)
非常に高機能を誇り、パネルのメニューから様々な演奏条件の設定が可能です。
http://www.yamaha.co.jp/xg/download/midplug/
Crescendo (IE3.0以降、NN2以降全て対応)
最も歴史のあるMIDI再生プラグインの一つ。NN6にもいち早く対応しました。
http://www.liveupdate.com/dl.html

再生ソフトはWindowsやMacintoshにそれぞれ付属している、Windows media playerやQuicktimeなどでも十分です。 もっと様々な機能が欲しい方は下のURLなどに行かれると、色々とフリー・シェアウェアがありますので、お好きな物を選んでみてください。

Vector software pack
Windows
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win95/art/music/midi/player/
Macintosh
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/mac/art/music/midi/
↑[このページの先頭へ]
← [ オーディオファイルの種類 ] →[ WAVE/AU/AIFF ]  [ sound lectures ]  [ 目次 ]

last updated February 13, 2001.

nerve (雑音空間) - http://k2works.com/nerve/

1997-2001 (c) nerve@k2works.com(K. Kusanagi), all rights reserved.