オーディオファイルの種類・聴き方(MP3/WMA/RealMedia)

nerve > sound lectures > about audio files > MP3/WMA/RealMedia

MP3・WMA・RealMediaとは?

サンプリングオーディオのデータは、そのままでは巨大すぎてとてもウェブ上で扱うには実用的ではありません。 そこで様々な方法でファイルを圧縮して、それを再生する方法が開発されました。 この3つは、そのような圧縮の方式のうち最も有名なものです。

圧縮の方式は、それぞれ規格は違いますが、どれもMDのそれと似た発想です。 人間の耳に聞こえにくい音域を計算して、その周波数の音の記録を捨ててしまうことで、ほとんど音質を変えずにファイルサイズをCD音質のサンプリングオーディオデータの約10分の1以下にすることが出来ます。おおよそ実用になる最高の音質では、MD程度の音質が期待できます。

それぞれ得意な領域があるので、使い分けると便利です。

↑[このページの先頭へ]

特徴

MP3

これらの中では、MP3(MPEG Audio layer-3の略)と呼ばれているファイルが現在最もよく使われています。 携帯用のMP3プレイヤーが発売されていることも普及に弾みを付けました。

MP3と言うのは、音声信号圧縮規格の名前と、その方式で圧縮された音声データの事を指します。 ファイルの拡張子は基本的に.mp3です。

最近のWindowsには、中身はMP3ですが取り扱い上はWAVEファイルとして扱える音声ファイルのフォーマットもあります。

WMA (ASF)

WMA形式は、MP3に対抗するかのようにMicrosoft社が発表した音声圧縮形式です。 同じ音質ならMP3よりも若干ファイルサイズが小さくなる、つまり同じファイルの大きさにするならMP3よりも音質が良いと言うのが売りのようです。 実際の所、聴き比べてもそれほど違いは判りません。 ファイル拡張子は一般に .asf です。

WMAはもともとWindows Media Playerの専用形式だったのですが、2000年初頭から急速に様々なプレーヤーで再生できるようになり、Windows以外のOS用の音楽再生ソフトでも、WMA再生をサポートするものが多くなりました。 それに伴って、Web上で見かける事も多くなりました。 とはいえ、Macintoshを使われている方には馴染まないかもしれません。

Windows Media メタファイルというファイル(ASXファイル)を使えば、RealMediaのようなストリーム再生も可能です。

RealMedia (RealAudio, RealVideo)

今の日本のインターネットの回線の速度・コンピュータの性能では、ある程度音質の良いMP3やWMAをダウンロードしながら気持ちよく聴くことは難しいのが現状です。 だからと言って圧縮率をあまりあげると、MP3やWMAではかなり不自然な音質になってしまいます。

ホームページサーバーの容量の制限がある場合などファイルを極端に圧縮する必要がある場合や、インターネットラジオ放送をする場合など高速に音声を配信する必要がある場合には、RealMedia(拡張子 .ra .ram .rm .smil 他)を選ぶのがお薦めです。

ここに挙げた3種類の中では最も古くから普及していただけあって、遅い回線に対応して音声を極端に圧縮しても、元の音のニュアンスをあまり損なわないようになっています。また、高速に圧縮を行うことが出来るので、生放送を圧縮しつつそのまま配信する事も出来ます。そのため、インターネットライブ等によく使われています。

データをダウンロードしながら再生することが出来るストリーミング(ストリーム再生)と言う方法を使い始めた草分けで、それがRealMediaの最大の特徴でもあります。ストリーム再生は、RealMediaメタファイル(RAMファイル)と呼ばれるテキストファイルを用いることで実現しています。

また、RealMediaファイルは音声だけではなくビデオ映像も入れられるフォーマットですし、1つのファイルで受信者側の回線の速度に合わせて音質・画質を変える事も出来るなど、非常に洗練された機能を持っています。また、ファイルの作り方が簡単なのも魅力の一つです。

↑[このページの先頭へ]

聴き方

MP3

MP3の聴き方は、もっぱらダウンロードしてハードディスクにセーブしたデータを、コンピュータのMP3プレイヤーソフトで聴いたり、MPMANのようなポータブル端末に送って聴くといった方法になります。

再生には専用のプレイヤーを使ってもよいのですが、MacintoshならQuicktime 4以降、WindowsならMedia Player 6以降でMP3の再生に対応しています。 特に多機能を求めないなら、これでも十分です。

高機能で評価が高いプレイヤーとしては、

SoundApp (Macintosh用)
http://www.naotaka.com/SoundApp/
Winamp (Windows用)
http://www.winamp.com/

等があります。 いずれもフリーソフトです。

WMA

WMAは、もちろんWindowsでは標準で添付されているMedia Playerのバージョン6以降で再生できます。

Macintoshで再生する場合も、Microsoftが自ら発行しているMacintosh版Windows Media Playerを使うと一番確実です。

Windows Media Technologies Downloads (Media Playerダウンロード Win/Mac共通)
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/download/
Windows Media
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/

RealMedia

RealMediaを再生するには、Real Playerというソフトが必要ですが、Windows版・Macintosh版のInternet Explorer 4.0以降、Netscape Communicator4.5〜4.75にはそれぞれ標準で初めから同梱されていますので、ブラウザのインストール時に同時にインストールされることになります。

もしRealPlayerがパソコンにインストールされておらず再生できない場合には、製造元のリアルネットワークス社からダウンロードしてください。(無料) また、他のオーディオプレイヤーソフトにも幾つかRealMediaを再生できるものがあります。

Real Networks
http://www.jp.real.com/
↑[このページの先頭へ]
← [ WAVE/AU/AIFF ]  [ sound lectures ]  [ 目次 ]

last updated February 13, 2001.

nerve (雑音空間) - http://k2works.com/nerve/

1997-2001 (c) nerve@k2works.com(K. Kusanagi), all rights reserved.