基本編(MP3の載せ方)

nerve > sound lectures > how to publish sound files (basic) > MP3

データの準備

MP3ファイルを載せたいと思うのは作曲をしている人が中心だと思いますので、自分の作った曲を載せる場合を例にして説明します。

インターネット上でMP3ファイルを見つけてそれをダウンロードしたとしても、それを自分のページに勝手に載せるのは危険です。

サンプリング

MP3データを作る場合も、あらかじめ音声をコンピューターに取り込む作業(サンプリング)が必要です。 サンプリングの作業はRealMediaファイルを作る手順と全く同じですので、その項を参照してください。

とりあえずサンプリングはうまく行って、コンピュータ内にWAVE/AIFF/AU等のオーディオファイルができたものとします。

↑[このページの先頭へ]

エンコーダの入手

MP3の圧縮方式の一部分の特許を持っている幾つかの企業(FhG、Thomson Multimedia)が特許使用料を請求しているため、フリーソフトのMP3エンコーダは非常に少なくなってしまいました。 この記事を記述している時点で入手できる、お薦めの操作の簡単なフリーのエンコーダには次のようなものがあります。

CDex日本語化版 (Windows 95/98/NT 用MP3エンコーダ) ダウンロードサイト
http://mory.virtualave.net/jpatch/
こかこ〜だ (Macintosh用MP3エンコーダ) 作者のサイト
http://homepage.mac.com/gomataro/

フリーソフトは企業の締め付けの結果無くなるかもしれませんので、少々高くつきますが市販のMP3エンコーダを買っておいた方が安全かもしれません。

↑[このページの先頭へ]

エンコード

ここで紹介したエンコーダは両方とも日本語版なので、簡単に使えます。 サンプリングしたファイルをソフトのウインドウにドラッグ&ドロップして変換ボタンを押す程度の作業で標準的なエンコードは出来てしまいます。 細かい設定や音質の調節の方法についてはそれぞれのソフトのヘルプを読んでみてください。

MP3の変換にはとてもCPUパワーを使うので、変換作業中にコンピュータで他の操作をすると雑音が入ることがあります。

MP3のエンコードに関しては下のサイトが非常に詳しいので、ここの説明でよくわからなかった方は行ってみられるとよいと思います。ソフトの選び方から、それぞれのソフトの画面を使った操作説明などもあります。

CD→WAV→MP3のページ
http://sumomo.sakura.ne.jp/%7efly/mp3/
↑[このページの先頭へ]

HTML記述

音質の良いMP3ファイルは一般に巨大なので、ダウンロードしてからパソコン上のプレイヤーで聴いたり、携帯プレイヤーに転送して聴くのが普通の聴き方になります。 ページの訪問者がダウンロードできるようにするには、単にリンクを貼っておくだけです。

<a href="MP3ファイル名">MP3ダウンロード</a>

MP3ファイル名のところは、自分の作ったファイル名に書き換えておきましょう。

RealPlayerのメタファイルを使って、ストリーム再生する方法もありますが、ISDNなどの電話回線では満足に聴くことは出来ないのでここでは紹介しません。

↑[このページの先頭へ]

ページの公開

HTMLファイルとMP3ファイルの準備が出来たら、FTPソフトでサーバーに送りましょう。

MP3ファイルを送る時も、必ずFTPソフトでバイナリモード(Raw dataモードと書いている場合もあります)を指定してください。 アスキーモード(テキストモード)で送ると、データが壊れて正しく再生されません。

ファイルをきちんと転送したのに正しく再生されない場合は、まずお使いのプロバイダにMP3データを使いたいがうまく行かない、と問い合わせてください。 中にはMP3ファイルを置くことを禁止しているプロバイダもあります。 自分で設定するよう指示された場合は、当サイトのFAQの「サーバー設定」を参照して設定してください。

↑[このページの先頭へ]
[ RealMedia ]← →[ WMA ] [ sound lectures ] [ 目次 ]

last updated February 13, 2001.

nerve (雑音空間) - http://k2works.com/nerve/

1997-2001 (c) nerve@k2works.com(K. Kusanagi), all rights reserved.