基本編(WMAの載せ方)

nerve > sound lectures > how to publish sound files (basic) > WMA

データの作り方

残念ながらエンコーダソフトがWindows版しかないため、WMAデータの作成はWindows上でしか出来ません。

サンプリング

WMAファイルを作る場合も、やはりあらかじめ音声をコンピューターに取り込む作業(サンプリング)が必要です。 サンプリングの作業はRealMediaファイルを作る手順と全く同じですので、その項を参照してください。

サンプリングはうまく行って、コンピュータ内にWAVEファイルができたものとします。

↑[このページの先頭へ]

Windows Media Encoderの入手

WMAのデータを作るためには、専用のWindows Media Encoderというソフトが必要です。 このソフトは下記のMicrosoft社のウェブサイトから無料でダウンロードすることができます。執筆時点での最新バージョンは7で、Windows98、ME、2000に対応しています。

Windows Media Technologies Downloads
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/download/
↑[このページの先頭へ]

エンコード

サンプリングした音声を圧縮した形式に変換する作業をエンコードと呼びます。

手順は次の通りです。

  1. Windows Media Encoderを実行してすぐに現れる「ようこそ」画面またはセッションメニューから、「新しいセッション ウィザード」を開き、セッション(1つのエンコード)の設定をします。
    1. 「実行するエンコードの種類」は「オーディオまたはビデオ ファイルを Windows Media ファイルに変換する」を選んでください。「次へ」をクリックして進みます。

    2. 「変換するファイル」に、先にサンプリングしたWAVEファイルの名前を入力します。

    3. 「作成するファイル」には、これから作るWMAファイルの名前を入力します。拡張子は.asfにしてください。

    4. 「ファイルの配布方法」は「Web サーバーからストリーム配信する」を選んでください。

    5. 「入力デバイスを構成する」は無視して構いません。

    6. プロファイルを選択する画面ではオーディオ系のプロファイルで、音質などの条件で目的に合う物を選んでください。

    7. 次の画面では、題名・作成者などのファイルの内容を説明する情報を書込んでください。

    8. 「配布方法を選択する」は「ファイルにエンコードする」を選んでください。

    9. 内容を確認したら、「完了」をクリックしてください。

  2. セッションの設定が終わったら、画面右下の「開始」ボタンをクリックするとエンコードが始まります。

出来上がった拡張子が.asfのWMAファイルをクリックして、正しく再生されるかどうか確かめてみましょう。このソフトには非常に詳しい日本語のヘルプが付いているので、エンコードをする前にヘルプをよく読んでください。

↑[このページの先頭へ]

メタファイル

RealMediaファイルの場合と同じく、WMAファイルにもメタファイルがあります。 それがWindows Mediaメタファイル(ASXファイル:拡張子.asx)と呼ばれるファイルです。 RealMediaメタファイルとの違いは、Windows MediaメタファイルはHTMLによく似たXML(eXtensible Markup Language)という一種の言語で書かれていることです。

Windows Mediaメタファイルも、ストリーム再生(ダウンロードしながら再生すること)を実現するためのファイルです。 次のような書き方が一番基本的な形になります。

<ASX version="3.0">
   <Entry>
      <ref HREF="再生したいWMAファイル名"/>
   </Entry>
</ASX>

書き方は少々ややこしいですが、ただファイルを再生するだけなら、基本の形からファイル名を書き換えるだけで出来ます。

例えば、guitar.asfというファイルを http://www.yourserver.ne.jp/user/guitar.asf と言うアドレスに置き、それを再生するためのメタファイルは guitar.asx と言う名前にする場合、メモ帳や秀丸エディタなどのテキストエディタで "guitar.asx" と言う名前のファイルを新しく作って、次のような内容を書きます。

<ASX version="3.0">
   <Entry>
      <ref HREF="http://www.yourserver.ne.jp/user/guitar.asf"/>
   </Entry>
</ASX>

一つのメタファイルで複数のWMAファイルを再生したい場合は次のようになります。例えば、1.asf、2.asf、3.asfの3ファイルを連続して再生させるためのメタファイルは、

<ASX version="3.0">
   <Entry>
      <ref HREF="http://www.yourserver.ne.jp/user/1.asf"/>
   </Entry>
   <Entry>
      <ref HREF="http://www.yourserver.ne.jp/user/2.asf"/>
   </Entry>
   <Entry>
      <ref HREF="http://www.yourserver.ne.jp/user/3.asf"/>
   </Entry>
</ASX>

となります。

Windows Mediaメタファイルには、他にもたくさんの機能がありますが、複雑になるので初心者には難しいと思います。詳しく知りたい方はMicrosoft社のウェブサイトにある開発者のためのWorkshopページを参照してください。

Web Workshop - Windows Mediaメタファイルの全て
http://www.microsoft.com/japan/developer/workshop/imedia/windowsmedia/CrContent/asx.asp
↑[このページの先頭へ]

HTML記述

ファイルが準備できたら、それを再生するためのHTMLを書きましょう。

エンコーダを終了させて、メモ帳などのテキストエディタか、普段使っているホームページ作成ソフトを用意してください。

RealMediaの場合と同じように、WMAファイル(.asf)またはWindows Mediaメタファイル(.asx)にリンクを貼ると、それをクリックすればMedia Playerが起動してファイルを再生します。

ダウンロードしてから聴かせる場合
<a href="***.asf">ダウンロードしてから再生</a>
ストリーム再生させる場合
<a href="***.asx">ストリーム再生</a>

***の部分は忘れずに自分が使うファイル名に書き換えてください。

↑[このページの先頭へ]

ページの公開

HTMLが書けたら、ブラウザで開いてみましょう。 メタファイルを使っている場合は、HTMLファイル、WMAファイル、メタファイルの全てをサーバーに送ってからではないとうまく再生されないので注意してください。

WMAファイルを送る場合も、必ずFTPソフトでバイナリモード(Raw dataモードと書いている場合もあります)を指定してください。 アスキーモード(テキストモード)で送ると、データが壊れて再生できません。

ファイルをきちんと転送したのに再生されない場合は、まずお使いのプロバイダにWMAのデータを再生させたいがうまく行かない、と問い合わせてください。 大抵のプロバイダでは使えるように設定してくれますが、まれに使用を禁止しているプロバイダもあります。 自分で設定するよう指示された場合は、当サイトのFAQの「サーバー設定」を参照して設定してください。

↑[このページの先頭へ]
[ MP3 ]← [ sound lectures ] [ 目次 ]

last updated February 13, 2001.

nerve (雑音空間) - http://k2works.com/nerve/

1997-2001 (c) nerve@k2works.com(K. Kusanagi), all rights reserved.